大阪市・東大阪市の防水工事・シーリング工事は間庭建設へ

大阪市・東大阪市の防水工事・シーリング工事は間庭建設へ

MENU

Sealing

シーリング(コーキング)工事について

Sealing

シーリング(コーキング)工事とは

建物を雨などから守る防水工事には、「塗膜防水」、「シート防水」、「アスファルト防水」などがありますがこれらと並んで重要なのが「シーリング工事」です。
シーリングとは、外壁のサイディングボードなど建材と建材の継ぎ目を埋めるゴムのような白い部材のことです。
シーリングはコーキングとも呼ばれています。
昔は「シーリング材」と「油性コーキング材」というように別のものとして分けられていましたが、油性コーキング材をほとんど使用しなくなったため、現在ではシーリングもコーキングも同じ意味として使用されています。

シーリングの目的は、建材のつなぎ目から雨水などの水分の侵入を防ぐことと、またつなぎ目を埋めることで気密性を保つ役割もあります。さらに地震や強風などで建物が揺れた際に、目地の動きに合わせて伸び縮みすることで緩衝材となり、外壁などにかかる負荷を減らしてひび割れや破損を防ぐ役割もあります。
シーリング材は常に外部環境にされされるため、紫外線の影響などで約5年するとひび割れ、はく離などの劣化がはじまります。外壁よりも痛みが早いため定期的に状態をチェックして適切なメンテナンスを行うことが建物を守ることにつながります。劣化を放置すると、漏水や雨漏りなどの原因になりますので、早めの対策が必要です。

間庭建設では、外壁のシーリング工事のみでなく、内部洗面、キッチン、浴室コーキングなど水回りや屋内まで幅広く対応が可能です。

シーリングの劣化症状

シーリングに下記のような症状がでていたら、一度無料点検をご検討ください。

外壁の劣化のサイン:チョーキング

ひび・亀裂

劣化でシーリングが固くなる現象が進むと、シーリングの表面に細かなヒビや亀裂が入ります。

外壁の劣化のサイン:目地(シーリング)の劣化

破断

ひび割れがさらに広がり、シーリングの真ん中から切れてしまう症状です。

外壁の劣化のサイン:外壁の色あせ

浮き・剥離・隙間

劣化状況がさらに進むとシーリング材が外壁材などとの間に隙間ができ、剥がれるなどの症状がみられます。雨水が内部に入りこんでしまう状態です。

シーリング材の種類

1成分形と2成分形、硬化の違い

シーリング防水工事で使用されるシーリング材には大きく分けて二種類あります。
「1成分形」は、主にカートリッジ式で、専用ガンに装填してそのまま使用するシーリング材です。空気中に含まれる湿気などの水分と反応して硬化する「湿気硬化型」と、基剤が含む水分や溶剤が蒸発することで乾燥して硬化する「乾燥硬化型」に分かれます。

もう一つの「2成分形」は、基剤と硬化剤を混ぜて使用するシーリング材です。基剤と硬化剤が化学反応によって硬化します。

主なシーリング材の成分と概要

シリコーン系シーリング材
  • 特長:耐熱性・耐候性が良い
  • 欠点:汚れが付着しやすい、塗料がのらない
  • 主用途:ガラス回りなど
変成シリコーン系シーリング材
  • 特長:塗装性が良く、耐候性・耐久性が高い
  • 欠点:塗装の種類によっては、塗料の色を変えてしまう(汚染する)
  • 主用途:建築や板金加工などに使用される
ポリウレタン系シーリング材
  • 特長:安価である、塗装適性が良い
  • 欠点: 耐候性がよくないため、屋外での使用の場合は上から塗装が必要。
  • 主用途:塗装下地処理、ALC板の目地充填

シーリング工事の種類

打ち替え工事

打ち替え工事

シーリングの打ち替え工事とは、既存のシーリングをすべて除去してから、新しいシーリングを充填する工事です。
打ち換え工事は約10年を目安に行われます。
基本的にシーリング工事といえばこちらの打ち替え工事を指します。部分的な打ち増し工事を繰り返すよりも一度に打ち替えてしまう方がコストパフォーマンスが上がります。

打ち増し工事

打ち増し工事

打ち増し工事とは、既存のシーリング材の上に、新たにシーリング材を足す工事のことです。
既存のシーリング材を撤去する作業がない分、打ち替え工事よりも単価を抑えることができますが、シーリング材の劣化が進み切っていない場合に行われるあくまでも予防的な措置です。

間庭建設が使用する防水工事製品

Frequently used product

こちらでは、間庭建設が日々シーリング工事に携わる中で、よく使用している製品についてご紹介します。
建材の隙間や目地を埋めるシーリング工事は建物の寿命を左右する重要な工事です。「コニシボンド」は、木工用ボンドで有名ですが各種建築用の接着剤も用途に合わせて多様なラインナップがあります。日本の接着剤のトップメーカーで、国産であり信頼性も高く、弊社でも長く使用しているので材料の特性など把握しており現場でも扱いやすい材料です。

日本の接着剤のトップメーカーによるシーリング材

メーカー
コニシ株式会社
名称
コニシボンド
種類
建材用シーリング材
特徴
「木工ボンド」で有名な、日本を代表する接着剤のトップブランド・コニシ株式会社は、身近な接着材だけでなく、建材用の多様な接着剤を開発・販売しています。シーリング材は外装用のみならず、ガラスやサッシまわり目地のシール、浴室・洗面所・台所など内装用も幅広く展開。
またシリコーン・変成シリコーン・ポリウレタン・アクリル等の成分別から防耐火構造用、非塗装汚染型、土木用、超耐候など幅広くラインナップされているため、施工箇所や状態、用途に合わせて選択が可能です。

主な取り扱い・仕入れメーカー

化研マテリアル株式会社|間庭建設の取り扱い・仕入れメーカー ジャパンマテリアル株式会社|間庭建設の取り扱い・仕入れメーカー 小西ボンド|間庭建設の取り扱い・仕入れメーカー ヨコハマ防水|間庭建設の取り扱い・仕入れメーカー サンスター|間庭建設の取り扱い・仕入れメーカー

シーリング工事は建物の寿命も左右する大切な工事です。痛みに気付かず放置すると雨漏りにつながってしまうケースもあります。
大阪市・東大阪市のシーリング工事は経験豊富な間庭建設にお任せください。ば相談・調査・見積は無料です。どうぞお気軽にご相談ください。

シーリング工事の施工実績

Works
  • シーリング工事テスト
    2022/4/5

    シーリング工事のテスト

    シーリング工事のテストシーリング工事のテストシーリング工事のテストシーリング工事のテストシーリング工事のテストシーリング...

TOP