大阪市・東大阪市の防水工事・シーリング工事は間庭建設へ

大阪市・東大阪市の防水工事・シーリング工事は間庭建設へ

MENU

Waterproofing paint

塗膜防水(ウレタン防水・FRP防水)について

Waterproofing paint

塗膜防水とは、液状の防水材料を塗装し、化学反応で防水の膜を作る工法です。
使う塗料の種類によって種類が分かれますが、主流はウレタン防水とFRP防水の二つです。おもに陸屋根(勾配の無い屋根)や、ベランダの床などに使用されます。
液状の塗料を塗りつめる工法のため、継ぎ目のないシームレスな仕上がりになるのが特徴です。また、室外機などが置いてある場所や、凹凸の多い場所にも対応できるので、どこでも施工できるのがメリットです。

防水工事の種類

ウレタン防水FRP防水シート防水アスファルト防水
工法防水材を塗る防水材を塗るシート状の防水材を貼るアスファルトを溶かして塗る/シート状の防水材を貼る
耐用年数8~10年10~12年10~15年15~25年
費用の相場2,800円~/㎡5,500円~/㎡3,600円~/㎡4,000円~/㎡
主な施工場所ベランダ、バルコニー、マンションやビルの屋上ベランダ、バルコニーマンションやビルの屋上マンションやビルの屋上
主な特徴複雑な形状の箇所でも継ぎ目なく施工可能。比較的安価劣化しにくく衝撃に強い広い面積に施工が可能最も防水性が高く耐久性に優れている

塗膜防水の施工実績

Works

現在準備中です

防水工事のサイン

Signs that needs repairing

下記のような症状が現れている場合、防水工事が必要なサインです。
判断に困る場合があれば進行具合を調査して工事が必要かどうか調査しますので、お気軽にご相談ください。

防水塗装のサイン:ひび割れ

塗膜防水のひび割れ

塗装防水の表面のトップコートは紫外線や雨の影響を受けるため日々し、ひび割れの症状を起こします。放置すると内部の防水層の機能も弱めてしまい雨水が内部に侵入して寿命を縮めてしまいます。

防水塗装のサイン:剥がれ

塗膜防水の剥がれ

塗装防水の表面が剥がれる原因は施工不良か経年劣化が考えられます。シート防水の場合はつなぎ目が劣化して剥がれが発生します。もしもトップコート下の防水層が紫外線に触れると防水層が劣化します。また剥がれた箇所から徐々に水分が内部に侵入するため早めの対策が必要です。

防水塗装のサイン:表面の色褪せ・荒れ

塗装防水表面の色褪せ・荒れ

塗装防水の表面に色褪せや荒れが発生している場合、表面のトップコート機能が低下している可能性があります。放置しておくとどんどん保護機能が失われて内部の防水層が直接紫外線などに晒されてしまい、割れやヒビが生じるなど劣化が進行します。

防水塗装のサイン:排水不良

排水されず水が溜まる

ベランダや陸屋根は水が適切に排水されるよう勾配がつけられているため本来なら水が溜まることはありません。
もしも水が常に溜まっている場合は、勾配不良や排水溝が詰まっている可能性があります。放置すると建物の内部に染み出して内部の腐食や雨漏りの原因にもなる危険性があります

防水塗装のサイン:シート防水の浮き、剥がれ

シートの膨れ,浮き,剥がれ

建物にこもった水分が太陽によって水蒸気となりうまく排出されないと膨れてしまうことがあります。また紫外線などによって劣化すると下地と防水シートの密着が悪くなり防水シートが浮き上がったりつなぎ目が剥がれることがあります。放置すると症状が拡大して全体が浮き上がることもあるため早めに補修を検討してください。

防水塗装のサイン:雑草が生えている

雑草が生えている

雑草が繁殖するには水分が必要です。そのため雑草が生えている場所は排水がうまくいっておらず、水分が溜まっている可能性があります。植物の根はアスファルトやコンクリートを破って成長するくらいとても強く、表面のトップコートだけでなく防水層、さらに中の躯体まで破壊してしまうケースがあります。

防水工事は建物を雨水から守る工事です。
亀裂や隙間から建物内部に水が侵入してしまうと、内部に錆びを発生するだけでなく躯体自体を痛めてしまいます。適切な防水工事が建物の寿命を延ばします。
大阪市や東大阪市周辺で建物の防水や修繕でお悩みの方、間庭建設へご相談ください。無料で点検いたします。

TOP